耐震等級 3の設計

住宅の耐震性能は、国土交通省が 2000年に定めた住宅性能表示制度の中で、 耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級 1としています。しかし、専門家の間では耐震等級 1では不十分であるという意見もあります。大規模な地震への備えとして、消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い最高等級となる耐震等級 3の設計をいたします。